どぐぽたトップページ

第2回土偶遠足物語【後編その1】

2015年1月26日 書いた人:ハジメ
a

こんにちは!

ハジメです。

 

 

今回の投稿は、前回同様、第2回土偶遠足物語です。

「前回の見てないや」というかたはこちらからどうぞ。

 

ちなみに今回は、土偶出てこないです。

縄文関係ないです。 

 

でもグルメのひとは楽しめるかも。

 

それでは後編スタートです。

 

 

 

 


第2章 それぞれの山


19

 

 

名古屋市博物館を後にしたぼくらは、

チポロ代表の提案で、とある山へ向かいました。

 

20

 

山への道中は風がつよく険しい道のりでした。

名古屋はなんとなく暖かいイメージがあったのですが、

この日は極寒でした。

 

 

寒さ限界でそろそろ帰ろうかなと思ったそのとき

 

21

 

 

 

あれは!

 

 

22

 

見えました。山です!マウンテンです!

 

そう、ここは変な食べ物、

いわゆる「奇食」で有名な喫茶マウンテンです。

「寄」食じゃないですよ。

「奇」食です。

 

 

23

 

 チョベリパフェとかあるけど、

いちおうスパゲッティの店みたい。

 

メニュー見ても、写真なしで変なメニュー名が羅列してあるので、

もう勘で選ぶしかありません。

 

 

というわけで、6人の勇者たちは

それぞれの選択をしました。

 

 

 

 

こちらはヤミラさんが選んだ、甘口いちごスパ(季節限定)。

 

24

 

ヤミラ「奇ショーーーック!!!」

 

 

つづいてこちらは誉田さんが選んだ、甘口抹茶小倉スパ。

 

25

 

誉田「奇ショーーーック!!!」

 

 

ヤケマチ兄貴は超激辛の「赤いワンピース」をチョイス。

 

 26

 

 

兄貴「奇ショーーーック!!!」

 

奇声をあげながら、次々と仲間が遭難して行きました。。

(喫茶マウンテンでは、完食できないことを“遭難”というらしいです。これ業界用語。)

 

ちなみに僕が食べたのはこちら「スパイス合衆国」。

 

27

 

これは、奇食にするにはもったいないくらい激ウマでした。

みなさんも喫茶マウンテン行ったらこれ食べるといいよ。

 

ちなみにチポロ代表は「コスモスパ」。宇宙規模なセレクト!

 Aさんは「おとなのお子様ランチ」。オトナチックなセレクト!

この2品は、残念ながら写真がないのですが、おいしく召し上がっていました。

 

 

ということで、3人ほど瀕死になりましたが、

それぞれの思いを噛み締め、山をあとにしました。

次なる目的地を目指して。

 

 

 

第2章 完

 


 

 次回「第3章 聖地」へ続く。