dogupota.net_top

土偶女子と行く!東京縄文スポット〜石神井公園〜

2015年7月4日 書いた人:小林亨
IMG_6716

どうも。どぐぽた編集部・小林千幌です。
今回は土偶女子と東京の縄文スポットを巡るべく、石神井公園駅にやって参りました。

縄文遺跡って、東北とかにしか無いんじゃないの?って思われる方もいると思うんですが、実は東京もかつては縄文文化圏だったんです。

ここ石神井の周辺には、公園内の三宝寺池を中心に石神井台遺跡、池淵遺跡などの遺跡が広がっていて、いまも昔も変わらず湧水地として親しまれて来たことがうかがえます。

そもそも「石神井」って地名、おかしいと思いませんか?「井」はイと読めるとしても「石神」をシャクジ、なんて普通読みませんよね。Wikipediaで由来を調べてみると・・・

石神」(しゃくじ、いしがみ)に由来すると伝えられている。むかし村人が井戸を掘った折、石棒が出てきた。その石棒には奇端(きずい=めでたいことの前兆)があり、村人達はそれを石、石神様として祭った。これが通称「石神神社」、今の石神井神社の始まりだという。いつか、村の名もそれにちなんで石神井となった。一説には、石神様は三宝寺池(今の石神井公園の一部)から出現した石剣ともいう。

−Wikipediaより引用−

 

 

なんと、池から出て来た石棒が地名の由来だったんですね。ただどうして石神をシャクジと読むんでしょう?
東日本には「ミシャグジ」と呼ばれる古い神様がいて、石棒はミシャグジ信仰の象徴として作られたのではないか?と言われています。

ミシャグジ信仰は東日本の広域に渡って分布しており、当初は主に石や樹木を依代とする神であったとされる。地域によっては時代を経るにつれて狩猟の神、そして蛇の姿をしている神という性質を持つようになったと言われている。その信仰形態や神性は多様で、地域によって差異があり、その土地の神や他の神の神性が習合されている場合がある。信仰の分布域と重なる縄文時代の遺跡からミシャグジ神の御神体となっている物や依代とされている物と同じ物が出土している事や、マタギをはじめとする山人達から信仰されていたことからこの信仰が縄文時代から存在していたと考えられている

−Wikipediaより引用−

 

 

ミシャグジのミ(御)がとれて(石神=シャクジ)という訳ですね。
縄文の言葉が現代に地名として残っている・・・!そう考えるとなかなかアツいものがあります。

さて、能書きと引用はこれくらいにして、早速石棒が出たという三宝寺池に散策に出掛けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回参加してくれた土偶女子は、Twitterで声をかけて参加してくれたHさん(とその旦那さん)とYさん。そしてドッキーでお馴染み、お菓子考古学者・ヤミラさん。他(どぐぽた編集員・チポロ、ハジメ、ヤケマチ)

公園について、早速何かを発見。

IMG_6612

クルミ味噌の焼きダンゴ!

縄文人も食べていたクルミ!

縄文っぽい!

 

 

という訳でいただきましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うん、縄文の味がする!

 

ヤミラ「ただクルミだけで縄文っていうのはちょっと・・・無理やり感ありますね・・・。」
チポロ「・・・。いやほら、気持ちが肝心だから。」
ハジメ「まあ、どっちにしてもダンゴは美味いですよ。」

 

IMG_6616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ダンゴを食べ終えた一行は池淵遺跡の横にある「石神井公園ふるさと文化館」へ

 

 

IMG_6628

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキ!

 

IMG_6624

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ドキドキ!!

 

IMG_6636

 

 

 

 

 

 

 

 

 

小さいけど、土偶もありました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

土器を愛でる土偶女子たち

 

 

チポロ「縄文コーナー見終わったちゃったし、あとは適当に観ててください。30分後に入り口集合でいいですか?」
ヤケマチ「縄文コーナー以外興味ないし、30分も観ないよ」
チポロ「いや、そう言わずに・・・じゃあ15分。昭和レトロコーナーとかもなかなかいいですよここは・・・。」

IMG_6695

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

さて、お次は石棒が出たという三宝寺池。池を見渡すように水神のやしろが建てられています。縄文時代はあそこに石棒が祀られていたんでしょうか。

かつて縄文人も通った道を踏みしめながら、池をぐるりと一周します。

一行に若干疲れが見えて来たところで、本日のゴール、池淵遺跡へ向かいましょう。

 

 

IMG_6705

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ハジメ「なんかアレっすね、竪穴式住居跡に棒が立ってるだけで、特になんもないとこですね。」
ヤミラ「縄文の遺跡は古墳と違ってそこが問題なんですよね・・・」
チポロ「掘ったらなんか出てくるんじゃない?」
ヤミラ「ダメです!盗掘ですそれは!!」(←元・本業)

 

ヤミラ「そんなことより、わたし、おにぎり作ってきたんですよ」
ヤミラ「山形土偶おにぎりです・・・!」
IMG_6709

 

 

 

 

 

 

 

 

 

チポロ「おおっ、じゃあちょっと、車座になってみんなで囲んで食べましょう」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パッと見、怪しい儀式をしている団体になってしまいました。

竪穴式住居(跡)で車座になって飯を囲む・・・ いやー実に

縄文っぽい

ですね!

ヤミラ「なんかまた無理矢理ですね・・・」
チポロ「だって何もないんだから、気持ちから作らないと。DIY精神です。」

IMG_6741

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いただきまーす

土偶おにぎりをみんなでいただいて、本日はこれで終了。

 

最後に遮光器土偶マイムでお別れです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

(Θ•Θ)
土偶女子のみなさん、お疲れさまでしたー。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いっぱい歩いたから、ビールがうまい!(チポロ)