どぐぽたトップページ

南アルプス土偶紀行

2015年11月18日 書いた人:ヤケマチ
IMG_1822

118日『子宝の女神 ラヴィ グランプリ授与式』の続編です。

 

どぐキャラ総選挙FINAL トロフィー授与式もなんとか無事終了。

我々は『子宝の女神 ラヴィ』仕掛人、文化財課の保坂太一さんの案内で、南アルプス市ふるさと文化伝承館をがっつり見学させていただきました。

 

 

ラヴィちゃんのモデルとなった鋳物師屋(いもんじや)遺跡の円錐型土偶。国の重要文化財です。縄文中期前半の竪穴式住居の床面近くからほとんど完全な形で発掘された、全国でも珍しいケース。それでは後ろから前からじっくりご覧ください。

 

IMG_1570

 

この時期の土器に特有の、角の立った連続刺突文が刺青のようにカラダじゅうみっしり。下腹部には中期土偶がよく履いてるパンツ文も。

 

 

IMG_1571

 

おっぱいは小さいです。

 

IMG_1572

後ろ手はこんな感じ。

有名な山梨県出土『黒駒ビーナス』も、失われた右手はこんなんだったのかもしれないなあ。

 

 

こちらは同じ鋳物師屋遺跡出土「人体文付有孔鍔付土器」。ラヴィちゃんとならぶ南アルプス市、もうひとりの縄文アイドルです。

地球ノ諸君、ワレワレハ宇宙人ダ…。

 

DSC08909

 

 

この日は残念ながら実物貸し出し中。展示はレプリカでした。このふたりはほんとに人気者らしく、そろって見るチャンス少ないのかもしれません。おれが1年前に行った時はこっちが実物、ラヴィがレプリカだったです。

 

鋳物師屋遺跡「猿型土製品」。縄文時代のサルの造形物は全国的に見ても少ないしサルかどうか判別の難しい問題もあるんですが、これはもう見事にサルだよね。

 

IMG_1558

 

 

おらおらおら、なに見てんだよ!  

 

IMG_1557

 

縄文人は顔面表現にあんまりまなこを描かない人たちなんで、こいつはわりと少数派すね。

 

 

鋳物師屋遺跡は発掘された住居が30軒ほど。最後はムラ全体が土石流に飲み込まれ、集落の存続期間も比較的短かったことがわかっているそうです。縄文ムラとしては必ずしもすげえわけではなかったこの集落から、ラヴィはじめすげえ優品が集中して出土したのがめちゃ不思議です。

 

 

どぐヲタもうひとつの注目遺跡が北原C遺跡。つか広大な南アルプス市にあって土偶の出土する遺跡は鋳物師屋遺跡を除けばほぼ、この北原C遺跡に限定されるそうで、その偏在性を考えさせられます。南アルプス市の土偶全員集合コーナー。左側3分の2がすべて北原C遺跡。顔面把手も2点。

 

IMG_1691 

 

特別に北原C遺跡の土偶たちを触らせていただきました。

 

DSC08943

 

土偶にお触りお触り♡

 

IMG_1736

 

顔面把手もお触りお触り♡

 

IMG_1708

 

触って感じる縄文時代♡

 

IMG_1723

 

調子に乗って収蔵庫までお邪魔してしまいました。ああもうどうにも止まらない。

 

 

IMG_1825

 

おいおいおい、まだまだめちゃいいのあるやんけ。隠し持ってんじゃねえぞ、こら。

 

 

IMG_1882 

IMG_1851

IMG_1827

 

石棒もあった! 石棒大好き! チョー感激!

 

IMG_1835

IMG_1837

  

縄文の石棒を実際に手に取って持ちあげてみたの初体験でした。めっさ重い。先っぽだけでこの重さはなんだ。

 

チョー感激以外に言葉が見つからないっす。

 

南アルプス市土偶紀行。最後にこの地の縄文遺跡を実地に案内していただきました。

くだんの北原C遺跡へ。

 

DSC08994

DSC08996

 

縄文遺跡の集中する南アルプス山麓市之瀬台地。西に櫛形山と南アルプス。北に八ヶ岳。東に甲府盆地から富士山を臨む絶景。のはずだったんだけど、なにも見えん。雨男だれじゃ!

 

DSC09000

 

この柿の木の下あたりから顔面把手が出土したと教えられて、ちゃっかり機嫌を直す木彫土偶作家ヤス。

 

ラヴィのふるさと鋳物師屋遺跡。

IMG_1985

 

いまは全域工業団地で縄文の面影を想像するのはむずかしい。遺跡の発掘がその破壊と裏表であることを考えさせられるような景観。台地の先に位置していることはわかります。

 

さて最後に案内していただいたのは、南アルプス市市之瀬台地、縄文土器がゴロゴロしてるスポット。地元の小学生の社会科見学なんかでもよく訪ねるポイントだそうです。

DSC09007

 

ふつうに縄文土器ゴロゴロで笑ってまう。

 

DSC09006

 

持って帰ってはなりません。

 

んー、場所はちょっと伏せておきます。知りたいかたはどぐぽたまでメールください。

 

というわけで118日『子宝の女神 ラヴィ グランプリ授与式』続編、南アルプス土偶紀行。

南アルプス市文化財課の保坂太一さんにたいへんお世話になりました。

お忙しいなかほんとうにありがとうございました。

 

【追伸】

どぐぽた編集部と一緒に『土偶遠足』はいかがですか?

11/23 第三回『土偶遠足』参加者募集中です。

お菓子考古学者ヤミラさんと行く!どぐぽた企画「第三回土偶遠足in土浦・上高津貝塚」

くわしくはこちらから。