dogupota.net_top

日常のお菓子作りに縄文を/マニア心をくすぐるsacsacのクッキー型

2018年5月10日 書いた人:dogupota

"博物"するクッキー

”縄文×クッキー”といえば、縄文マニアは土器文様を模したお菓子考古学者ヤミラ氏の土器片クッキー「ドッキー」を思い浮かべる方も多いかと思う。

しかし、ドッキーづくりには多少の造形的センスと器用さが必要となる。レシピに挑戦して、失敗された方もいるだろう。

sacsacのクッキー型は、生地に型を押すだけで気軽に土偶や縄文土器を再現できる上に、なんと、うっかり割ってしまっても何の問題もない。割れた土偶をアイシングペンで修復すれば、お菓子で修復ごっこが楽しめるのだ。
あえて割って、チョコシリアルに埋め、発掘ごっこも楽しむのもいいかもしれない。

京都府東山区にある実店舗の前には「土偶みくじ」ガチャも設置中。縄文関連のクッキー型もまだまだ増える予定だ。

着せ替えビーナス

アイシングで土偶を着せ替えさせて楽しむこともできる(画像提供@yamiramira)

webサイト内では「Cookie Cutter Museum」を展開しており、縄文シリーズ以外にも古墳や埴輪、国内外の民俗文化歴史を3Dプリンタでクッキー型に起こし、クッキー型でさまざまな”博物”について学べる内容になっている。

WEBサイトは以下から
http://sacsac.jp/

WEBショップは以下のリンクから
​http://sacsac.buyshop.jp/

実店舗

〒605-0815
京都市東山区北御門町274「全角」内
TEL:090-4284-6582

京阪 清水五条・祇園四条駅より、徒歩10分。
あじき路地のご近所です。
石倉酒店(石倉商店)の向かいのガレージを入って右側にあります。
すごく見つけづらい場所なので、たどりつけない場合はお気軽にお電話ください。

イベント出展情報

2018年5/12(土)、5/13(日)のデザインフェスタvol.47(東京ビッグサイト西ホール全館)にはブースを出展。
ブースNo:I-254で400種類以上のクッキー型を実際に手にとって購入することが可能だ。
ぜひ、足を運んでみてほしい。
http://designfesta.com/

 

記事作成:小林亨
画像提供:sacsac(サクサク),@yamiramira