dogupota.net_top

縄文ZINE8号が配布開始。関連書籍刊行記念で7/20にイベントも開催。

2018年6月27日 書いた人:dogupota

縄文ZINE第8号の配布が、今週より全国で始まった。
今号は女性にフューチャーした内容となっており、新しい層の縄文ファンを増やしていきたい考えのようだ。
配置場所は以下のリンクより確認できる。
http://jomonzine.com/pg146.html

2018年7月3日より開始される、東京国立博物館の特別展「縄文〜一万年の美の鼓動〜」では、初日の来場者に1000部限定で配布されるなど、ますます活躍の場を広げている。

加えて、7月20日(金)にには、創元社より刊行される関連書籍「縄文力で生き残れ」と、8号の配布を記念して、イベントが行われる。

いい機会だから、縄文のこと

初心者だって女の子だって縄文を楽しみたい!
だけどなんだか縄文って、ちょっと面倒くさそうだし、
茶色すぎるし、古いし難しいかも…。 

現在上野の東京国立博物館(トーハク)では特別展「縄文」が開催中です。
今回のイベントではトーハクの研究員の品川さんをお呼びして縄文好きなタレント藤岡みなみさんと縄文好きなフリペ縄文ZINEでいい機会だから、縄文のこと、特別展「縄文」のこと、楽しみ方や展示の裏話なんかも色々聞いちゃいます。
みなさんからの質問ももちろん受け付けますのでどうぞお楽しみに。 

ついでに新しい縄文ZINEの発行と縄文ZINEbooksの新刊「縄文力で生き残れ」の発売も記念していますのでそちらの紹介に裏話、書籍やグッズの販売、恒例の物々交換会も行います。 

来ていただいた方には縄文ZINEオリジナルのステッカーとマッチ、トーハクの特別展「縄文」の割引券もプレゼント。
もちろん新しい縄文ZINEも配布します。

出演

 品川欣也(東京国立博物館考古室長)×藤岡みなみ×縄文ZINE(望月昭秀) 

会場

キチム
〒180-0004
東京都武蔵野市吉祥寺本町2-14-7 吉祥ビル地下1階
http://www.kichimu.la/file/index.htm

日時

7月20日(金)
開場 19:30
開演 20:00 

観覧料

予約 2,500円+ドリンク
当日 3,000円+ドリンク 

予約方法

キチムのメールアドレスへ、件名を「7/20予約」とし、「名前(ふりがな)、携帯電話番号、人数、同行者の名前」を添えてお申し込みください。
yoyaku1@kichimu.la 

詳細・お問い合わせ

縄文ZINE

http://jomonzine.com/

キチム

http://www.kichimu.la/file/index.htm


記事作成:小林亨

 

関連記事