縄文ニュース

次号の縄文ZINEはギャルが主役?ただいま広告を募集中。発行予定の5月下旬からずれ込む可能性も

次号で第6号となる縄文ZINEが広告を募集している。発行予定は5月下旬となっているが、広告の集まり状況によってはずれ込むこともありそうだ。 掲載内容は5号の予告で「1952年の岡本太郎」となっているが ...
縄文ニュース

石川県野々市市が市内発掘の土器文様をオープンデータ化

石川県野々市市が「御経塚式土器」などの文様を個人利用に限り、フリー素材として、データを配布している。営利目的で使用する場合には許可が必要となる。 現在公開されているのは2種類。TIF形式とベクター方式...
縄文ニュース

縄文展の前売りグッズが話題に。7月開催のトーハク特別展で

2018年7月3日から東京国立博物館で開催される、特別展「縄文―1万年の美の鼓動」の前売りグッズが話題になっています。 今日から販売が始まった、縄文展グッズセット券のラインナップ、①土偶ペンライト、②発掘現場必...
縄文ニュース

「丘の上APT/兒嶋画廊」ウェブサイトの縄文土器コーナーが見やすくリニューアル

2017年の「縄文シャワー展示室」展が話題となった「丘の上APT/兒嶋画廊」のウェブサイトで、縄文土器コーナーが見やすくリニューアルされた。 またtumblrで別途作成されたアーカイブサイトでは、縄文...
特集

石器部活動日誌01「石器に使える石を拾いにいこう!」

以前結成した「石器部」で石を拾いに行くことになった。 もちろん、ただキレイな石を拾いに行く!とかいう話ではなく、縄文時代の石器に使われていた石を拾いに行くのである。 荒川上流に磨製石斧の材料として好まれ...
行ってきた

山梨県北杜市に縄文人現る?竪穴式住居の建築現場を見学してきた

山梨に縄文人・・・? 山梨県に縄文人が現れた? そんな噂が我々どぐぽたの元へ届いた。早速事実を確かめるべく、我々と土偶ライター譽田亜紀子氏はあずさ7号で山梨県の北杜市へ向かった・・・! 山梨到着 ...
イベント情報

11/18 中野区で縄文イベント「東京縄文ビレッジ」開催

オリジナル縄文グッズ、フード、ワークショップ、パフォーマンス、映画・・・それぞれの「縄文」を持ち寄って、1日限りの縄文村が東京中野区に出現します。 縄文好きな方も、縄文ってなに?という方も縄文の世界に浸ってJOMON人...
article

10月9日は土偶の日、どぐぽた過去の活動を振り返る。

本日10月9日は土偶の日。月日が経つのは早いもので、土偶の日の語呂合わせを思いついて、気がついたら五年もの月日が経過していました。 今回は初年度から今年までの「土偶の日」の短い歴史を振り返ってみたいと思います。 ...
イベント情報

10/9土偶トークマニアック!をマニアックに楽しむためのガイドライン

月日のたつのは早い。だいたい1年前の2016年10月9日、悲願の「土偶の日」制定がかなってから、だいたい1年が過ぎようとしています。2017年10月9日も、もうまもなく。くしくも連休最終日のこの日、ちょっとマニアックな土偶トークに溺れ...
イベント情報

10/8~「縄文の手しごと展」開催・西荻アトリエすゞ途にて

縄文の手しごと展 縄文人ってどういう人たちだったんだろう?縄文ファンであれば誰もがそう考えると思います。 ひとつ確かなことは、縄文人は「その時代に生きた普通の人たち」であるということです。 縄文時代や縄文人を「...
イベント情報

10/9 土偶トーク・マニアック!〜後期土偶の変容を語る〜

土偶の日記念トークイベント/土偶トーク・マニアック!〜後期土偶の変容を語る〜 「はじめての土偶」じゃ物足りない!もっとマニアックな土偶の知識がほしい!という方にうってつけのイベントを行います。 2014年から毎年行...
イベント情報

9/16 【プラネタリウムで考古学】「5000年前へタイムスリップ!~縄文時代の「したのやムラ」~」

2017年9月16日(土) 17:10~18:40  多摩六都科学館サイエンスエッグにて開催! 西東京市東伏見にある国史跡「下野谷遺跡」は縄文時代の大集落で、 かつてたくさんの縄文人が暮らしていました。 今...